妊娠初期にでる症状

妊娠初期妊娠初期には、様々な症状が出ることがあります。ある程度の症状は覚えておくといいかもしれません。

どの症状も妊娠によるホルモンバランスが影響しています。症状を緩和させる方法もあるので、一つ一つ覚えておくことで対処することはできるはずです。
頭痛や腰痛などが代表的なものとして挙げられます。

頻尿に悩まされる人も多いはずです。頻尿の場合、これは子宮が大きくなってくることで膀胱が圧迫されるからです。トイレは我慢せず、その都度、行くようにしないと膀胱炎になってしまうため、注意が必要です。

また、女性ホルモンバランスの影響から肌荒れに悩まされることもあります。肌荒れはストレスでさらに悪化してしまうため、あまり気にしないようにすることも大切です。

イライラ感が出ることもあります。できるだけリラックスできる環境づくりが必要です。

そして何よりも、つわりの症状が重いという人は、体に負担をかけないようにすることが一番です。程度によっては仕事や家事も休むようにすることが大事です。

妊娠中期にでる症状

妊娠中期妊娠中期に出る症状には、いろいろなものがあります。まず、便秘になりがちです。子宮が大きくなることで腸が圧迫されるからです。

対策としては、食物繊維や乳製品などを摂るようにしたり、適度な運動を行ったりするといいかもしれません。あまりにもひどいようであれば、医師に相談の上、軽めの下剤を利用することもあります。

それから、手足がむくんでしまうことも妊娠中期に出る症状の一つです。特に、起床時に起こりやすくなっています。手足を動かしていくうちに良くなってくるので、あまり気にすることはありません。塩分を控えたり、体を休めたりすることで改善することもあります。

ただし、むくみがあまりにもひどくなるようであれば、妊娠中毒症の可能性も考えられることから、早急に医師に相談することをお勧めします。他には、めまいや立ちくらみが起こったり、頭痛が起きたりすることもあります。血の巡りを良くするためには、睡眠を十分に取ることが大事です。

妊娠後期にでる症状

妊娠後期妊娠後期に出る症状の中でも多いものとしては、胃が圧迫されることです。子宮が大きくなったことで内蔵を圧迫するからです。胸がつかえたような感じになってしまうため、食欲不振に陥ってしまうこともあります。

それから、トイレが近くなることもあります。子宮が膀胱を圧迫するからです。尿漏れが起きてしまうこともあるため、トイレは我慢しないことが大事です。あまりにもひどい場合には、担当に相談してみることも必要です。

また、腰痛が起こりやすくなります。血行を良くするためにも、適度な運動が必要です。大きなお腹で動くというのは大変ですが、体を動かさないことで妊娠中毒症にかかってしまうことも考えられるため、散歩程度は定期的に行うようにするといいかもしれません。

それから、むくみやすくなるということもあります。就寝時は足を高くして寝るようにすると改善されるはずです。いずれにしても、体に負担がかからないような対策を行うことが一番です。

新着情報
2014/07/24
腰痛
2014/07/22
お腹の痛み
2014/07/18
出血